【映画鑑賞】私の推しはハク様なのかもしれない〜18年の時を経て〜

 

 

 

 

 

2020年7月17日

 

 

 

 

18年の時を経て、
 
映画【千と千尋の神隠し】を観てきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
観客数は、
 
273席に対して8人。
 
 
 
 
まさに、ソーシャルなディスタンス。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トンネルのむこうは、不思議の町

 

 
千と千尋、
 
映画館で観るのは2度目です。
 
 
 
1度目は【2001年・夏】に
 
公開された時です。
 
 
 
 
 
 
 
主人公の千尋は10歳の少女。
 
公開当時、10歳であった私は
 
「とても不思議な世界の話だな」と、
 
自分と重ね合わせるような気持ちで観入りました。
 
 
 
 
今では夏が来ると
 
必ず観たくなる映画の1つとなっています(^^)
(もう一つはトトロ♪)
 
 
 
 
 
 
 
 

涙腺崩壊!大好きなシーン

 
 
千と千尋は、昔からとても好きで
 
何度もテレビやDVDで見たことがあります。
 
 
それでも❗
 
映画館で見るとやはり違いますね。
 
感動が、増し増し増しでした❗
 
 
 
今回、18年の時を経て
 
映画館で観ましたが、
 
何度観ても感動してしまう
 
大好きなシーンが2つあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1. ハクが千尋におにぎりをあげるシーン

 
 
 
ハクが千尋を両親のもとへ案内してくれるが、
 
千尋はひどく落ち込んでいる。
 
 
そんな千尋にハクは、
 
元気が出るように
 
お手製のおにぎりを差し出す。
 
 
 
「千尋の元気が出るように
 
まじないをかけて作ったんだ。お食べ。」
 
 
 
「つらかったろう さっ お食べ」
 
 
 
 
 
 
あいびぃ
ハク…すげー優しい…(TT)
 
優しさがしみる(TT)(TT)
 
なんでこんなに寄り添ってくれるの?(TT)
 
やっぱり仲間なんじゃん(TT)
 
昔から知ってる仲みたいじゃん(TT)
 
 
 
 
 
 
 
 
やはり、親身になってくれる存在
 
とても大きいなと感じました。
 
 
自分が弱っている時ほど、そう感じるし
 
とても救われた気持ちになります😌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2. 竜の姿をしたハクが千尋を迎えにやってきたシーン

 
 
まず、迎えに来たハクを見て、
 
ハクが元気になって良かった!!!!、と
 
素直に思いました。
 
 
 
ハクは千尋のことを見捨てないし
 
忘れちゃいなかった。
 
 
 
 
 
ガタガタと窓が揺れる。
 
「良いときに来たね お客さんだよ 出とくれ」
 
銭婆は千尋に出るように仕向けてくれた。
 
 
玄関を開けると、
 
そこには竜の姿をしたハク。
 
 
 
あいびぃ
銭婆ナイスアシスト過ぎる!!!
 
ハクが迎えに来ることを
 
きっと分かっていたに違いない!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
銭婆は続けて
 
「グッドタイミングだね」と。
 
 
 
 
 
 
 
その後、
 
幼い日の千尋はハクに助けられていたことが分かった。
 
そして、ハクは本当の名前を取り戻せた。
 
 
 
 
何度見ても、
 
千尋の目からあふれる涙に思わずこちらも感動。
 
 
 
 
 
 
そして、
 
私の推しはハクなのかもしれない?!
 
そう、思うのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。