【別居婚の妻向け】入籍後2週間以内にやるべきこと7選【手続き方法・必要書類】

 

 

 

はじめに

入籍したらやらなくてはいけないことをまとめます。

別居婚も忙しいです。行動し続けましょう。

 

 

 

 

記事内の手続きを入籍後の2週間以内に行いましょう。

 

✅やるべきことは大きく分けて7つです

  • 婚姻届受理証明書の取得

  • 新姓記載のある住民票の取得

  • マイナンバーカードの氏名変更

  • 運転免許証の氏名、本籍変更

  • 銀行、クレジットカード、生命保険などの氏名変更

  • 会社関連の手続き

  • 会員登録系の変更

 

【1】婚姻届受理証明書の取得方法

 
 
 

婚姻届受理証明書とは

ふたりが夫婦になったということを証明する公文書です。

 
 
 
 
 
 
 
✅必要書類
 
  • 申請者の本人確認書類
  • 申請書(役所にあります)
 
 
 
 
 
✅書類が揃ってからやること
 
婚姻届を提出した役所または出張所にいけばOKです。
 
 
 
 
 
 
✅手数料
 
1通350円。
 
 
 
 
 
 
✅日曜日に婚姻届提出、月曜日に証明書を取得したい人へ
 
 
14時以降に行くと確実に取得できます。
 
 
 
私は市役所の出張所に
 
業務開始時間の8時半に行きましたが
 
 
 
“まだ反映されていないので
 
14時以降に改めて来てください”
 
と、かえされました。
 
 
 
14時に改めて出張所へ行ったら
 
無事に取得できました。
 
 
 
 

【2】新姓記載のある住民票の取得方法

 
 
 
 
 
 
 
 
 
✅必要書類
  • 申請者の本人確認書類
  • 申請書(役所にあります)
  • 婚姻届受理証明書(即日発行のため)

 

 

✅書類が揃ってからやること

住民票のある役所に行けばOKです。

 
 
 
 
✅手数料
 
1通200円。
 
 
 
 
 

【3】マイナンバーカードの改姓方法

 
 
手続きが終わったら
 
★ココ の部分に新姓が入ります。
 
 
 
 
 
✅必要書類
  • 申請者の本人確認書類
  • 申請者のマイナンバーカード
  • 暗証番号4ケタ
  • 申請書(役所にあります)

 

 


✅書類が揃ってからやること

住民票のある役所に行けばOKです。

 
 
 
 
 
 
 
✅手数料
 
手数料はかかりません。

 
 
 
 
 
 
✅注意
 
マイナンバーカードの記載内容に変更があったときは、
 
14日以内に変更する必要があります。

 

 

【4】運転免許証:本籍と氏名を同時変更

 

 

 

 

 

✅必要書類

  • 現在の運転免許証

  • 新姓、新本籍が記載されている住民票の原本(個人番号が記載されていないもの)

  • 運転免許証記載事項変更届(用紙は窓口にあります)

 

 

 

 

✅書類が揃ってからやること

以下3か所のどこかに行けばOKです。

  • 住所を受け持つ運転免許センター
  • 運転免許試験場
  • 警察署
 
 
 
 
 
 
 
✅手数料
 
手数料はかかりません。
 
 
 
 
 
✅その他
 
変更内容は、更新まで免許証の裏面に記載されます。
 
写真の撮り直しは無く、印鑑も不要です。
 
 
 
 
 

【5】銀行、クレジットカード、生命保険などの氏名変更

 

銀行:氏名と届出印を同時変更

ここではゆうちょ銀行を例とします。

 

✅必要書類

  • 現在の通帳とキャッシュカード
  • 新姓記載のある公的書類
  • 氏名変更届書、改印届書(窓口にあります)
  • 新旧届出印

 

 

 

✅書類が揃ってからやること

最寄りの郵便局に行けばOKです。
 
 
 
 
 
 
✅手数料
 
手数料はかかりません。
 
 
 
 
 
 
✅その他
 
ゆうちょ銀行の氏名変更をすると
 
mijika、ゆうちょPay、ゆうちょダイレクトも
 
一括で更新がかかります。
 
 

クレジットカード

✅必要書類
  • 申請者の本人確認書類
 
 
 
 
 
✅書類が揃ってからやること
 
インターネットや郵送でOKです。
 
 
 
 
 
 
 
 
✅手数料
 
手数料はかかりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
✅その他
 
カード会社により変更方法、必要書類は異なるため確認必須です。
 
 
 

生命保険

ここでは県民共済の氏名変更を例とします。

 

 
✅必要書類
 

特にありません。

 
 
 
 
 
✅書類が揃ってからやること
 
電話でOKです。
 
 
 
 
 
 
 
✅手数料
 
手数料はかかりません。
 
 
 
 
 
 
 
✅その他
 
県民共済の場合は、住所変更も電話でOKでした。
 
保険会社により変更方法、必要書類は異なるため確認必須です。
 
 
 
 
 

スマホ

ここではYmobileの氏名変更を例とします。

 

✅必要書類
 

特にありません。

 
 
 
 
 
✅書類が揃ってからやること
 
インターネットから変更出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
✅手数料
 
手数料はかかりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
✅その他
 
各キャリアにより変更方法、必要書類は異なるため確認必須です。
 

 

【6】会社関連の手続き

 

私は旧姓希望しましたが
 
「婚姻届受理証明書」の提出が必須でした。
 
会社によって、必要書類は異なるため確認必須です。
 
 
 

【7】会員登録系の変更

 

 

自分の生活と密接しているものから
 
優先的に変更しましょう。
 
 
例:物が届くサイト
 
Amazon、Yahooショッピング、楽天市場など
 
 
その他、メルカリやペイペイ、ホットペッパーなど。

 

入籍後、効率が良い手続きの順番

 
 
 
 
 
 
 
身分証明がスムーズに獲得できる方法を紹介します。
 
 
「日曜日に婚姻届を提出、入籍後は別居の妻向け」です。
 
 
 
 
 
  1. 日曜日に婚姻届を提出
  2. 月曜日、婚姻届を提出した市役所で婚姻届受理証明書もらう
  3. 今住んでいる所の役所で婚姻届受理証明書を提出し、新しい住民票をもらう
  4. そのまま同じ役所でマイナンバーカード氏名変更
  5. 免許センターか警察署で免許証氏名、本籍変更
  6. 氏名変更した免許証を持って銀行などの氏名変更に行く
 
 

おわりに

運転免許証とマイナンバーカードは
 
新姓の証拠書類になるので優先的に手続きましょう。
 
 
銀行口座は複数あっても
 
給与受け取り口座を一番に変更しましょう。
 
 
 
あいびぃ
あいびぃ
スマホプランや保険の見直しも
一緒にできる良い機会です!
 
 
 
 
 
 
 
 

以上、入籍後やるべきことをまとめました。

少しでも参考になれば幸いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です