【タイ旅行記】【4日目-③】夕食:想像を超えてきた絶品カオマンガイ

 

 

 

 

 

 

 

絶品カオマンガイを目指し
最寄りのラチャプラロップ駅まで
トゥクトゥクで移動。

 

アソーク駅近くの大通りで
反対側を走っていた
トゥクトゥクを見つけて
手を挙げて呼んで

 

 

 

乗車前に値段交渉。

 

 

ドライバーに英語で伝えたこと。

 

「ラチャプラロップ駅に行きたい‼」

「どのくらい時間かかる❓❗」

「2人で80バーツにして欲しい‼」

 

 

タイに来る前に
「トゥクトゥクの相場は100バーツ」
「それ以上はぼったくり」と
ツイッターで見て80バーツにした。

 

 

 

 

ドライバーの返答。

 

↓↓↓

 

 

20分くらいで行けると思うけど


そこの駅なにもないけどいいの❓

 

150バーツなら良いよ❗

 

 

アソーク駅から徒歩数分の大通り。
全然トゥクトゥクが見当たらず、
他と比較することができなくて

 

これを見送ったら、次はいつ、
トゥクトゥクに出会えるかわからない‼
と思って乗車することに。

 

 

 

爆速のトゥクトゥク

 

丈夫そうな手すりもなく、
最近乗った乗り物で1番荒い運転😂

 

身の危険を感じた私が思ったこと

 

【事故ったら終わる】

 

 

 

15分くらいで
ラチャプラロップ駅に到着。
2人合わせて150バーツ(540円)。

 

ハラハラ💦ドキドキ💦した
トゥクトゥク経験。

 

 

カオマンガイの屋台に向けて

歩いている途中、インド人ばかりの
エリアに迷い込んだ‥

 

後日調べたらバイヨークという
インド人街だった!

 

人多すぎ

 

渋滞ひどい

 

外は暗くなってきた

 

お腹すいた

 

眠い

 

歩き疲れた

 

 

こんなことを思いながら
絶品カオマンガイに向けて
ただひたすら歩くこと20分。

 

無事に
Metro Resort Platinum到着。

 

 

 

 

早速、ホテル横の屋台へ。

 

 

まーさん、

 

右手を“2個”の意味のピースにしながら

 

日本語で「かおまんがい」

 

と注文してたけど

 

それしかメニューないから通じてた(笑)

 

愛想の悪いオバチャンが
調理してくれた(^^)

 

 

 

 

空いている席に案内されてから
謎の黄色い飲み物が来た。

 

 

 

お茶なのか水なのか、、、

 

 

 

コップの汚れが気になって
飲まなかった‥‥

 

 

かなりお腹がすいていたこともあり

食べる前から

絶対に美味しい✨✨✨

という予感と期待しかなく、

 

 

コンソメスープに大根。

(たぶん大根)

 

 

 

カオマンガイのご飯は

 

ジャスミンティーで

 

ご飯を炊いているらしい。

 

 

恐る恐る食べたけど

 

ジャスミンティー感はほぼない。

 

ジャスミンティーがあまり得意ではない

まーさんでもばくばく食べてた!!!

 

チャーハンのようにパラパラな

 

ご飯がとにかく美味しい。

 

薄く、小さく切られた鶏肉は

 

脂は少なく、ささみのような歯ごたえ、

 

とても柔らかくてご飯との相性抜群。

 

ご飯だけ、鶏肉だけ、

 

単品で食べても

 

もちろん美味しい。

 

 

また、このタレが美味しくて

 

食欲を増進させてくれた。

 

辛いのが苦手な人でも

 

安心して食べられる辛さ(^^)

 

 

 

 

 

もちろんタレなしでも美味しいけど

 

タレをかけると

 

さらに絶品。

 

 

 

 

あっという間に

 

完食。

 

 

 

正直、2杯目もいけたけど

 

腹八分目、

 

絶品♡♡♡

 

と思えるところでやめた。

 

 

 

お会計は

 

食べ終わった後。

 

1人60バーツ(240円)。

 

 

 

カオマンガイ。

 

「ただの鶏肉の炊き込みご飯」

 

ではなかった。

 

ご飯、鶏肉、タレ

 

とにかく絶品過ぎた。

 

 

タイ旅行で美味いものランキング
堂々の第一位👑👑👑

 

 

 

屋台の場所

ペチャブリー通り沿いにある
Metro Resort Platinumというホテルの横。

 

 

 

アクセス

・BTSラーチャテーウィー駅から
徒歩10分

 

 

・エアポートレールリンクの
ラチャプラロップ駅から徒歩15分

 

 

・配車アプリを使って
ホテル前まで行くのもあり

 

 

 

営業時間

18時以降(?)

 

屋台のためホームページもなく

詳しい時間は不明‥

 

昼間はやっていないそう。

 

 

 

値段

1杯60バーツ(240円)

 

 

 

 

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です