【中島知久平】SUBARUの創始者が親に建てた家が桁違いだった【大豪邸】

 

 

 

2020年7月19日

 

 

群馬県太田市に所在する、

「旧中島家住宅」に行ってきました。

 

 

 

 

旧中島家住宅とは

 

現SUBARUの前身、

中島飛行機の創業者

中島 知久平(なかじま ちくへい)が

両親の為に建てた豪邸。

 

 

平成28年7月25日、

国の重要文化財に指定されました。

 

 

 

 

 

中島 知久平(なかじま ちくへい)とは

 

 

 

✅群馬県太田市出身

✅1884年(明治17年)〜1949年(昭和24年)に生きた

✅大正・昭和期の海軍軍人、実業家、政治家

✅民間飛行機製作所「中島飛行機」(現在のSUBARU)を創設

✅政治家に転じてからは大臣や政友会総裁を務めた

 

 

 

 

 

 

利用案内

 

場所

 

群馬県太田市押切町1417

 

 

 

 

 

開館時間

午前9時〜午後5時(入場は4時30分まで)

 

 

 

休館日

月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)

年末年始(12月29日〜1月3日)

 

 

 

入館料

無料

県外の人でも入館できます。

 

駐車場

40台

(トイレあり、自販機あり)

 

 

 

 

 

群馬県を代表する「近代和風建築」

 

和風の建物ですが

中は当時の洋風を取り入れた建築物。

 

 

 

車寄せのある玄関。

 

 

 

 

 

 

玄関先の敷地。

 

 

応接間。

 

 

 

 

 

 

シャンデリアとステンドグラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い廊下。

 

 

 

 

中庭。

 

 

 

 

 

広大な庭。

 

 

 

 

 

 

こんな方にオススメ

 

日本の航空機産業や建築物に興味のある方、

物事のルーツを辿るのが好きな方、

オススメです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。