「この人がいなくなったら辞めよう」もアリの人生

 

 

 

(タイトル回収)
 
なんて甘ったれな考え。
 
上司に自分のキャリアを
 
左右されるようではダメだ、
 
と感じたこともあったが
 
今は違う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「この職場を退職しよう。」
 
 
ハッキリと思えたきっかけは
 
昨年異動してきた
 
上司との出逢いが転機だった。
 
 
 
 
郵便局の管理職は
 
ほぼ2年で異動になる。
 
 
 
おそらく、
 
2021年3月いっぱいで上司は異動になる(予定)
 
3年間同じ職場の場合もあるが、まれ。
 
 
つまり、
 
私もあと2年以内に辞める。
 
 
 
決めた。
 
 
 
 
 
 
私は上司と
 
“心理的安全性が確保された人間関係”
 
を築いてきたつもりで
 
 
 
 
基本的なことを聞いたり、
 
多少バカでアホな意見を出したり(^^)
 
変なことを言っても許されると思える。
 
 
 
 
私にとって今の上司は
 
自分のことを
 
よく理解してくれていて
 
意図が正しく伝わる、
 
と感じられる相手。
 
 
 
 
 
 
 
私は郵便局のパート5年目で
 
郵便局で正社員になるつもりはなく、
 
このまま郵便局にいるのであれば
 
一生パートもありだな、と思い続けてきた。
 
 
 
 
今の職場は、
 
反面教師にしている社員が大半で
 
私の教師は“この人”だけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな上司に
 
先日ハッキリと言われた。
 
 
 
 
 
 
 
 
とのことだった。
 
 
 
 
正直、意外な発言だった。
 
とても嬉しかった。
 
 
 
今まで言われてきたのは
 
「辞めたいなら辞めればいい」
 
ズバッと、ちょっと冷たい感じの
 
アドバイスが多かったから。
 
 
 
 
 
 
 
 
他部署には
 
「この会社で正社員になった方がいい」
 
と気にかけてくれる上司はいるが
 
 
 
その人も
 
いつまで同じ職場にいるか分からないし
 
その上司が異動してしまえば
 
私のキャリアプランは崩れる
 
そんなの、嫌だ❗❗
 
 
 
周りの誰に何と言われようと、
 
決めるのは自分。
 
 
 
そして、私は改めて
 
「部長が異動したら退職します。」
 
本人に素直に伝えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です