コンシェルジュ業務が楽しい郵便局員

 

 

10年ほど前、
空港のインフォメーションカウンターで
働きたい思っていた。
 
幼少期から学生時代
好きなことは
空港、飛行機、人を笑わせること。
 
自分がいることで場が和むことが
とても嬉しかった。
 
学生時代に、唯一、
アルバイト(たった4ヶ月)していた飲食店でも
【お客さまの喜びは自分の喜び】
ということに気付いた。
 
単純に人に感謝されること、
喜んでもらえることが嬉しかった。
 
つまり『人の役に立つ』
そんな仕事がしたかった。
 
結果的には
英語力が足らないという理由で
その会社は不採用となった。
 
その後、違う会社に内定もらって
空港でラウンジ業務と
リムジンバス発券業務を
経験できたから良かった(^^)
 
 

 

郵便局に入社して
2020年6月1日で4年半。
 
入社から今まで、
郵便窓口担当だったけど
2020年5月1日から
保険窓口を担当。
 
とはいえ、
郵便窓口が混んだら
郵便引受をする。
 
お客さまの列が長くなってきたら
コンシェルジュもする。
 
保険に来る方は少なく、
郵便を出しに来る方が圧倒的に多い。
 
部署異動と言っても、結果的に、
郵便窓口かコンシェルジュをしていることが大半。
 
 
 
 
 
空港コンシェルジュをやりたいと思ってから
10年経った今も
『お客さまの喜びは自分の喜び』
この気持ちは変わらない。
 
場所は違うけれど
(空港ではなく郵便局だし)
やりたかった仕事に
携われているような気がして嬉しい。
 

 

 
このご時世、
感染リスクと闘い仕事をする
医療関係の人たちや
働きたくても働けない人たち、
生活が一変してしまった人たちがいる。
 
郵便局の仕事(貯金・保険・郵便)は
ライフラインに関係しているから
時間短縮営業や臨時休業というのはなく、
今まで通りに出勤している。
 
(本局に勤めているというのもあると思うけど)
 
 
そんな中、
『コンシェルジュが楽しい』
 
嬉しい気持ちを持って
仕事できていること、
今自分が置かれている立場や環境に
感謝したいなと思った
そんな日だった。
 
 
 
また一つ、
自分が大切にしているものが
明確になった気がする(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です